読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじりゃー RETURNS

以前はてなダイアリーで書いてたのですが出戻ってきました。

プラカメ!part7

数えると7つ目になるのねぇ。

持ち過ぎだな。そのうちリストラをしよう。

さて。第7弾を迎えましたプラカメシリーズ。

宣言通り一応、アレ以来購入は控えておます。

なので、ちょこちょこと触れておりました、想い出カメラの登場。

 

オカンが連れてきました、BIG mini NEOのご紹介。

Sany3100

コニカの誇る、プロのサブカメラにもなったプラカメの代表作

BIG miniシリーズのズーム版。1993年発売、定価40000円。

ビッグミニは今でも評価の高いコンパクトカメラではありますが

コイツはひとまわり大きくなりました。

Sany3111

5群6枚の 35mm-70mmF3.9-F7.4のズームレンズを搭載。

撮影距離は0.8m(W)~∞ 、0.6m(T)~∞と、望遠側が寄れるといっても0.6m。

いまではちょっと寄りが足らないなぁと感じる。

カメラを趣味とする人々には、なんだ、暗いズームか、と

見向きもされなかったようで、ネット上でも数件しかHITしません。

ジャンクカゴ行きのモデルのようですが、見かけたことはありません。

そんなに売れなかったのかな。

 

Sany3109

ちゃんとこうやってレンズバリアが出てくるので安心安心。

シャッター速度は4.5秒~1/360秒と、結構低速側が頑張った仕様です。

結構使えるんじゃないだろうか?

 

Sany3110

この裏蓋側のボタンで

ストロボAUTO、赤目、強制発光、人物夜景、発光禁止、逆光補正、TVのモード切替

セルフタイマー、風景モード切替

DATE機能切替

あとは、ファインダー横にあるパノラマ切替。

ほぼDATEとパノラマのボタンは使わないけれど

逆光補正+1.5が付いてるのは気が利いてる。

 

コイツは、私が卒業旅行としてオーストラリア縦断ソロツーリングをした時に

連れて行った相棒で、正直、かなり信頼しているカメラでもある。

当時はカメラに対する興味があまりなかったのですが

しっかりとした描写で気に入っていたが、オカンのカメラなので

あまり使ったら悪いと思ってその時以外は殆ど借りてない...。

ウルル(別名エアーズロック)の上でグルリと一周撮った時に

その逆光補正なんて機能知ってたら、もう少しまともな写真が撮れただろうに。

 

コイツも裏蓋へのフィルムケーブル断線がよくあるトラブルらしいので

裏蓋は丁寧に開閉するようにしなきゃ。

 

また使ってみよう。

それと、今紹介したような

プラカメ ”を使って撮影した作品ばかりを集めたWeb写真展

その名も” PLA-CAME Gallery "をやっております!

参加者を常時募集していますので、もし興味がございましたら

コチラに是非参加して下さい。

もちろん参加費用は無料です。

また、PLA-CAME Galleryの共同運営係である

うずらまんサンの”うずら眼 -uzuraman's eye"

kimiサンの"kimi-PENのきままに行こう!"

で連動企画をやっていますので是非ご覧下さいね。

 

ヨロシクお願いしま〜す!