いじりゃー RETURNS

以前はてなダイアリーで書いてたのですが出戻ってきました。

BOMAのブース

小径とMTBしか常々見ていないので
ロード関連のブランドにはとんと疎い。
なので全く知らないブランドだったBOMAのブース。
覗いてみるとフルカーボンの折畳みを置いていて
コンパクトに畳めて9.4kgという驚異的軽量でかつ
ヒト漕ぎだけさせてもらったが、かなり剛性高いフレームだそう。
自信作らしいが30万円位だったかなぁ。いいねぇ。
でそこに置いていたこちらに試乗。
Znz2d1d2

”TANDG City RACING ROAD F-1”と書いてあります。
フレームはU6ジュラルミン製と。要はアルミ合金製フレームね。
価格はフレームセットで53000円。
完成車はTIAGRAで138000円(予定)とHPには書いてある。
う〜んなるほど。
完成車で53000円とはえらい安いと思ったが違ったな、そらそうだ。
というのも、すごぶる印象が良かった。
フラットバーハンドルは自分的には
小径では大抵ポジションが悪くて
(試乗車だからですよ、身長178cmで手が長いんです、オレ)
あまり良い感じを受けることが少ないんですが
乗っていてしっくりきたのと
これは表現しずらいんだが、
なんていうのかなぁ、”スイスイ〜っ”て...。
上手く言えない。
色んなとこカッチリしてるというか
まあアルミなりのフレーム剛性があるのかもしれません。
ハンドリングも素直です。
個人的にはクロモリよりアルミの方が合ってるのかも。
デザインもなかなかカッコイイし。
 
今回はイイ小径車増えたねぇ。
だんだん楽しくなってきた。
来年せめてフレーム替えるかなぁ、小径車の。