読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじりゃー RETURNS

以前はてなダイアリーで書いてたのですが出戻ってきました。

iPhone 3GS発表を受けて

ガジェットいじりゃー

iPhone3GSが発表されましたね。

昨年のiPhone3Gの発売を心待ちにして

mova携帯を機種変ぜずにずっと待っていたのですが

出てきたのはSoftBank...。

内容にも不満があったので機種変せずにもう携帯は3年半以上。

よくバッテリが持ってるものだ。

で次世代iPhoneが発売されたら乗り換えようと目論んでいた。

スケジュール管理もしてやろうと思っていたのもあって。

ところでそれ以前の話ですが。

今年はマンションで重責を任され、

昨年までとはうって変わって予定が多い。

今まではToDoに予定を入れていれば十分だったけれど

さすがに今年はマズそう。

しかしMessagePadで慣れてしまった手書きの心地良さは離れられなぃ

でも予定表機能は使いにくい。

1日にそんなに多くの予定が入る事はないので

家の壁に貼る力しンダーに書き込むような、簡単なものがいいなあ、と。

また、MessagePadは、熱狂的なユーザーのお陰で

WiFiまでサポートされたのだけれど

ブラウザが暗号化まで対応できないようで

残念ながら公衆無線LANが使えない。

なのでメールでのブログ更新ができない。

そのあたり何とかならないものかと色々とさがしていた。

もうひとつは、データ形式が特殊なので

PCやMACでデータをメモリーカードに直接ほり込む、というのができないので

OS10.5環境の今となってはBACKUPひとつとっても不安。

たくさん書きとめた手書きのメモたちがー瞬でとんでしまう事もありうる。

実際、メモリーカードを認識しなくなったし。

私としては、欲しい機能は

1.何といっても手書きメモが必要

2.その手書きメモにアラーム機能

3.力レンダーに手書きで書き込み

4.力レンダーに写真を貼付

5. VGAの設定ができる力メラ

6.WiFi,SSLのサポート

7.外部メモリのサポート

8.メモリ経由でjpeg,txtを直接やりとり

9.ToDoのジャンル分け、階層化

10.ToDoに手書きメモ追加

11.手書きのメールが送れる

だいたいこれだけの機能が入っていたら完壁なんだが

ここまでの内容というのは実際に

手にして使ってみないことには正直わからない。

だからおいそれと5万円位出してPDAを買おうなんて思えない。

もうPDAの時代は終わってるし。

で、つい最近、見つけてしまったんです。

以前から無茶苦茶気になっていたのですが

高値で取引されているので手が出ませんでした。

ただディスコンになってもう4年、そろそろ価格も落ちてきていて

ある店で、傷というか、塗装はがれが多く

かなり使い込まれた印象のモノが市場のほぼ半値で

売ってるじゃないですか。

気になる気になる気になる。

散々悩んだ挙げ句、力ミサンの許可をとりつけて、購入して参りました。

Dscn2432

今は無き、ソニーのパーム端末、クリエのTH55です。

半年前位まで使っていたVlSORのデー夕もなんとか入れる事が出来

とりあえず試用を始めると

...やばい、手書きメール以外、ほぼ条件を満たしてるじゃありませんか。

通信環境はFONとWirelessGATEでー応モバイルもできるので

持っているモバギでテキスト入力して、なんて考えていたのですが

実際使ってみると、日本語の手書き入力が思いのほか快適。

特に漢字を書くと9割がた認識してくれる感じで

キーボードまではいかなくても変換をする手間を省けるので

かなりキーボード入力に近いぺースで入力ができる。

これは嬉しい誤算だった。

そうするとモバギも持ち出す必要もない。

私にとってはキラーPDAとでもいいましょうか。そんな感じです。

しばらく使いこんでみよう。

...て、気付くの世間に比べ、だいぶ遅くないかって?

はい、そうですが何か?

いいんですよ。6000円弱だったんだから。

で、iPhone3GS...どうしよう。

BluetoothのHIDプロファイルのサポートがない、という点以外は

ほぼ不満点は解消されている。

でもなぁ。

今回どうみてもマイナーバージョンアップだよねぇ。

OSのバージョンアップ時にちょっとしたマイナーバージョンアップして

新OSでの新規購入が落ち着いてからフルモデルチェンジするのは

Appleの今までの常套手段だから

コレで考えると

ここまで待ったんだから後半年待ったら

もしかして幸せになれるんじゃないかと思ったりするわけで。

その横に、もうええやん買い換えちまえ、囁いてるもう一人の自分が...。

 

嗚呼

 

ツライ。