読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじりゃー RETURNS

以前はてなダイアリーで書いてたのですが出戻ってきました。

やっと使えるスタイラスに出会った。

MessagePadやTH55を封印してからというもの
iPhoneiPadで過ごしてきた訳ですが
iPhoneは小さいので仕方ないと諦めていたけれど
iPadなら画面が大きいので
指使って手描きが出来るもんだと勝手に思っていたんだが
実際使ってみると...全くダメ。
仕方がないのでとりあえずスタイラスを買ってみた。
安いのは評判が散々だったので
スタイラスにしてはそこそこ高い2000円位のモノを。
しかし...思わずへし折りたくなった。お金無駄にした。
開発者はこれ、ちゃんと今でも使ってるんだろうな?
そこからしばらくスタイラスは使わなかったのだけれど
7notesを知って気に入ってから
それならば、と「Su-Pen」の先っちょだけ買ってみた。
うむ。これはそれなりに使いやすいね。
少なくとも7notes使ってる分にはスラスラと書けて文句なし。
ところが立って使ったり、とかいう場面が無い私にとって
7notes自体あんまり使っていない。
座って書くにはやっぱりキーボードが断然速いもんでね。
スタイラス使って文字書きしてテキストにする、ってのが
今の私には、そんなに必要な機能ではないことはわかった。
ただ、手描きのスケッチや文字で
考えを整理する、とかいう用途で手描きノートを使うのと
あと、とても人様に見せられるようなものではない落書きとかを
描く、といった用途で使うことはあるのね。
そこで、ですよ。Su-Penは確かに感触よくていいんだけど
いかんせん先っちょが太くて
スケッチとか落書きしてて
「線を繋ぐ」という行為が不可能に近いのよね〜。
これはとってもイライラするのよ。
丸い先っぽの接地面のどこで線を引いてくれるかわからない。
それだけではない。
手書きメモをやスケッチを細かく描ける太さではなく
iPad位の大画面でも、MessagePadに書き込める情報量には程遠く
7notes以外に使いやすい、というモノではなかった。
これはもう、静電式タッチパネルの限界なんだわ、と
諦めてしまって、それならば、と感圧式のタッチパネルを搭載した
ちょっと安モノの中華Pad系などさがしてみたが案外今は無かったり。
それで気づいたLifeTouch Note。
本来キーボード付きが売りのAndroid端末であったが
私的にはそのタッチパネルを使って
MessagePadのエミュ走らせてやろうかと画策し
(極めて間違った使い方のような気もしないでもない)
新品がもう1.2万円台で出ているので本気で買おうかとしてたのですが
さすがにiPadとTYPE-Pを持っていると
あまりにも用途が被りすぎていて、かつそれのどちらにも満たない
中途半端な使い勝手になるのではないか、と踏み止まり
(とはいいつつまだ欲しい気もある)
なんとか目的通りiPadで手描きができないものかと
色々情報を集め、デジタイザペンも本気で検討したものの
対応アプリが少なく
私の使うアプリで使えなければ意味をなさない事もあり
それを見送り、散々迷った挙句、最後の「賭け」をしてみて
コレがダメならLifeTouch Noteを買おうと心に決め
購入してみたスタイラスがコレ↓
 

20130130_002649_hdr

JotPro Dampering。
普通のペンの先っぽに不自然な透明の円盤が付いている。
コレが正直、イライラするんではないかと危惧していたのですが
実際使ってみると、あまり気になることもなく
Damperのおかげでけっこう固めの紙にボールペンで書いているような
そんな感触で普通に手描きアプリで描いていける。
で、コマカーイ字も問題なく描ける。スケッチにもいける。
そりゃ筆圧感知してくれる方が感触はいいんだろうけど
元々絵かきでもないし、用途考えると
これで全く問題ないばかりか
やっと使えるスタイラスに出会った嬉しさで
LifeTouch Noteの事なんてすっかり忘れそうな勢い。
コレだったら7インチタブレットを入手すれば
やっとMssagePadの代わりを務めるモノになりそう。
ただし、私的には肌身離さず持ち歩くモノでないと意味ないので
出来れば7インチタブレットで通話出来るものが出れば
乗り換えるんだが。iPhone私の目と手には辛い大きさなのねー。
なのでiPad miniじゃなくてiPhoneBiGが欲しいぜぇ。
いっぱいガジェットが増えるとどれを持っていくかで困るので
出来ればiPhoneBIGをコアにして
Pomera(or MobileGear)、TYPE-P、MacBookiPad
使い分けられればいいなぁ。
 
 あぽーさんヨロシク。