読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじりゃー RETURNS

以前はてなダイアリーで書いてたのですが出戻ってきました。

MC-1 途中経過

ここのところカメラネタで書くことが少ない。

OM-3を里子に出した事くらいでしょうか。

まだ未練があったりするのですが

レンズを揃えてから...っと。

今は頑張ってハーフで作品作りを...。

お陰で徐々にパーツが揃いつつあるMC-1ですが

割と近距離の旅行をする計画にあわせて

乗れるように仕上げていこうという訳です。

で。

とうとう自家塗装に踏み切ったのですが

なんせクルマ用の塗料位しか手に入らないものですから

ほとんどがメタリック色。

ソリッドはろくな色がなく断念して

散々悩んだ挙げ句、

レガシーのバイオレットブルーマイカといわれる色に決めて

塗ったものの

どーも想像してたよりも濃く

メタリックも紫も強めに仕上がってしまい

一つ間違えるとヤ○キー仕様車。

 

 

微妙だ。

 

 

悩みに悩んだライトブルーにしておけば良かった...orz。

でももう塗ってしまったものはしようがない。

諦めてラインなりロゴなり入れて

重たい印象を多少なりとも軽減しようと

白い紙でアクセントの位置を悩んでる写真がコチラ↓

Mc1blue

今回はバッタモン的なロゴを入れるのも躊躇していますが

(前回のモリガノ号は...(^^;))

結局今回は若干BSMの感じをパク...いえ参考に

全体的に落ち着いた雰囲気に

仕上げようかと目論んでおります。

さらに今後、セラアナトミカの皮サドルなんかを与えてやれば、

ぐっとトラディショナルな感じになるかと。

高いのですが、今後フレーム変わっても使えそうだし。

ブルックスは硬くて馴染むまで拷問らしいですし...。

まあ色はアレですが

ノーマルの走る太刀魚的な雰囲気からは

走るグレ位にはなったんではないかと思っておりマス。

メカメカしくする方向か

シックな方向かは人によりますが

モリガノ号がかなりゴテゴテしてしまった反省から...。

リア回りのコテコテ感はどうしようもないですが

これはMC-1のアイデンティティですのでこれはこれでヨシと。

ちなみにステムは元に戻して

シムを入れてロード用のステムを差し込みました。

...畳んだら、ハンドルが下のほうに行ってしまったので...。

あとはパーツを組みつけていけば

とりあえず走るようにはなります。

リアホイールはその場しのぎの手持ち20インチなので

現状折り畳んでも真っすぐ立ってくれませんが

6月に入れば普通に

キャリアに座って釣りも出来るように??なります。

 

(ちなみに私はあまり釣りは判りません、メーカーページ参照)

 

 

 

やっぱり水色にすればよかったような...。