読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いじりゃー RETURNS

以前はてなダイアリーで書いてたのですが出戻ってきました。

憧れ

クルマいじりゃー

正直なところ

夢見ていたものの、現実になるとは思ってもみなかった。

 

何の事かと申しますとクルマの事です。

以前から、というか中学生時代から

ずーっとあこがれ続けていたクルマがあるんですが

友人の影響でバイクに傾倒してしまい

(といってもツーリング中心でしたが)

社会人になってクルマを乗ることになるも

基本的に親と同居してる時には

”家のクルマ”というスタンスを変えることは出来ず

自分のお金で買うにもかかわらず

どうしても家族の意向を無視する訳にもいかず

”道具””足”と”趣味性”の妥協点を探る

クルマ選びをせざるを得ない状況でした。

まあそれがふつうだと思います。

それがもう、どうしても我慢できなくなりました。

父親を亡くしてから以降

少々人生観が変化しておりまして

やりたいこと、を先延ばしにしていても

いつまでも自分が健康で体力もあり

なんでも出来るとは限らない。

年齢と財力は多少比例する部分もあるので

大きな買い物は若いうちにはできないけれど

もう人生も折り返し地点を過ぎたと思っている自分には

あまり先延ばし出来ないところまで来た感がありまして

体力があるうちにしないと無理そうな気がして。

グダグダ書いてますが

よ・う・は

 

エアコンの無いクルマは歳いってからは辛いぞ、と。

有り難くもこの気持ちをカミサンは理解してくれまして

とうとう旧車の世界に飛び込む決心をしました!

それはこちら↓

 

09 15:08

 

そう。このルックスを見て乗りたいと思った人の大半が

ルパン三世カリオストロの城”を見て惚れた人。

なので年代的にも同世代が多いんだなこれが。

ただね。

こいつ実はチンクですがタダのチンクでは御座いません。

 

09 15:09

 

ジャルディニエラ(ジャルジネッタ?)なのである。

そこはそれ、上記にあるように

”道具”と”趣味性”の妥協点を

大幅に趣味性側に振った選択をしまして

後部座席の広さ、荷物の積載性を考慮した結果です。

多くの人が2台持ちで完全趣味でチンクを選ぶ中

ウチはファーストカー!!一台のみ!!!

これ以上の贅沢は言えません。

真夏の暑くてたまらん日だけ

軽のレンタカーでも借りようか、という考えです。

 

で。

 

前の土曜日納車。助手席窓落ちて

さらにその夜トラブルで通常走行不能。

放置して帰り、翌朝チョークひきもって

なんとか自宅に辿り着くも

火曜日には積載車に載せられて引き取られて行きました...。

 

手荒い洗礼だな...。

 

でも負けないぞ。

四半世紀待ち続けた事に比べれば

この程度のトラブルは予想の範疇だわ。

それより「初期トラブル」の方が面倒見てもらえるし。

そのうち経験積んで自分で対処出来るようにならなきゃ。

この週末はコイツでドライブ!って思ってたけど

当面先になりそうだ...。

早く仲良くしよーぜ。な。