いじりゃー RETURNS

以前はてなダイアリーで書いてたのですが出戻ってきました。

CanoScan 2700F

Etpddqv9
写真を撮ってもフイルムだと
フジカラーCDしか取り込む方法がなかった。
いや、方法がなかった訳ではないです。
只今というか、ずっとリフォーム中で色んなものが
どこにあるんだか...という状態で。
でもせっかくアルバムのブログを作ったので
アップしようと思って必死に発掘しました。
もう化石状態のフイルムスキャナ、CanoScan 2700Fです。
今では二束三文で売られているので買った、という人も
居るかもしれませんが、私はちゃんと新品で買いました。
8年前になるんでしょうか?
当時は最新デジカメ80~120万画素時代。
35万画素デジカメを使って2年程経っていたが
最新デジカメでも1000万画素といわれるフイルムには
とうてい足下にも及ばないわ、と思い最新デジカメに見向きもせず購入。
買う時はスリーブをギュ〜ンと一気に全部読んでくれると思っていた。
だが...実際は一コマずつでスキャン自体も遅く
当時リバーサルフイルムの存在すら知らなかった私は
ネガを必死の取り込もうとしたが、色は全く合わないし
ホコリ除去しても画面には残り、フォトショップで必死に加工
結局一枚の写真をまともな状態にするのに
1時間弱かかってしまい、フイルム1本なんてとてもとても。
やってられなくなってそのままになってしまった。
しかし...8年を経て現役復帰。相変わらず使い難い。
なんかフォーカスも甘々でかなりムカつく。
手動でフォーカス設定しても殆ど変わらない。
ごみ取りも大変。諧調も滑らかじゃないし...8年前だもんな。
ただリバーサルの取込みで色合わせはまだマシ。
新しいスキャナ欲しいところだが、
買うならPC環境丸ごと一新の必要がありそうなので暫し我慢。
しかし接続と速度の関係で
取込VAIO-C1VJ → 加工ThinkPadX30 → アップロード PBG3なんてのは
はやく解消したいなぁ(^^;)